【匿名】リポクライセルの痩せる効果的な飲み方とは?

リポクライセルは飲むと痩せすぎるため機能性表示食品にすら登録されることがなかった、ダイエットサプリメントです。

リポクライセルを飲むとぐんぐん体の脂肪を溶かし体を絞ります。

ダイエットに効果的なリポクライセルですが、いったいどのような飲み方をして、どのようなタイミングで飲むことがベストな効果をっ発揮することにつながるのでしょうか。

効果的な飲み方と様々なタイミングによる効果の違いなどをまとめてみました。

リポクライセイルの通常の飲み方とは?

リポクライセイルは通常はサプリメントとして1日に1~2粒を基本として水などで飲みます。

栄養補助食品とされているので飲みすぎは問題ないとされていますが、製造元のアメリカでは痩せすぎたという報告もあるようなので、健康的に痩せるためにも目安とする量は守ってください。

通常は飲むタイミングに関してもいつでもいいとされています。

リポクライセイルの効果的な飲み方とは?

起床時

起床時はまだ体も目覚めていないため代謝が低くなっています。

代謝が低いということはあまり脂肪の燃焼も活発ではないので、リポクライセルを飲んでも効果としては大きく表れにくいです。

しかし、1日を通してじっくりと脂肪を燃焼させたいという人や、飲み忘れを防ぎたいというような人にはこのタイミングでの飲用がオススメです。

起床後すぐに飲む場合は体に負担をかけすぎないように、ぬるま湯で飲むと負担も少なく、体も少し温まり成分が全身に行き渡りやすくなります。

空腹時

空腹時の飲用は脂肪の燃焼を促進しやすいので、空腹時に飲むことで高いダイエット効果を感じやすくなります。

しかし、空腹時の飲用はタイミングが難しく、食前に飲んだ場合はその後すぐに食事が体内に入ってしまうと、先に食事のカロリーを消費しようとしてしまうため空腹時でも、食事の直前より食事の1~2時間前ほどに飲用するのが良いです。

さらに飲用後軽い運動を摂り入れることでさらに効率的になります。

食後

食後の飲用は効果が出るまでに時間がかかるのが欠点ですが、その分ゆっくりと無駄なく体に吸収し作用してくれます、食事の後に活動がするタイミングで飲用することがおすすめです。

例えば、日中の仕事や家事がある人は朝食後や昼食後がリポクライセルを飲むのにベストなタイミングとなります。

運動を行う前

リポクライセルを運動前に飲む場合は注意が必要です。

運動の直前に飲んでも効果を感じにくいからです。

運動前リポクライセルを飲んで効果を感じたい場合は体への吸収スピードを考えあらかじめ運動をする1~2時間ほど前に飲んでおいてください。

あらかじめ飲んでおくことで、運動をする際に効率的に脂肪を燃焼させる準備が整っているので、ダイエット効果を感じやすくなります。

就寝前

就寝前の飲用は効果が出にくいのであまりお勧めできません。

就寝中は体の新陳代謝が下がってしまうので、せっかくのリポクライセルのダイエット効果も発揮されにくくなってしまいます。

やむを得ず、就寝時に飲む際は代謝を上昇させやすいぬるま湯で飲むといいです。

リポクライセイルの飲み方には無関係?効果を高める方法とは?

継続して飲み続ける

飲み始めてから効果が出始めるまでには個人差があります。

なぜならば、脂肪の燃焼スピードは個人差によって変わってくるからです。

しかし、継続して飲み続けることによって徐々に燃焼効果は出るので、飲んですぐに効果が出ないからと飲むことを止めず継続して飲み、体内で燃焼する準備が整うまで待ちましょう。

体が冷えないようにする

リポクライセルは脂肪を溶かして燃焼します。

脂肪は油なので、冷えると固まる性質があります。

体を冷やすと脂肪がたまってしまい、リポクライセルの脂肪を溶かす効果とぶつかり合ってダイエット効果が弱くなってしまいます。

効果が弱まることを防ぐためにも体を温める習慣をつけ、極力冷やさないようにします。

他にも冷えは血行を悪くしてしまうので、体内で吸収したリポクライセルの脂肪燃焼成分を体中に送る効果が弱まってしまいます。

逆に温めることで効率よく脂肪燃焼成分を体中に巡らせることが出来ます。

極端な食事制限はしない

極端な食事制限をしてしますと体が防衛本能を働かせて代謝を下げ、痩せにくい体へと変えていってしまいます。

リポクライセルのダイエット効果で代謝を上げても、体が代謝を下げようとして作用がぶつかり合ってしまいます。

作用がぶつかり合うと、せっかくのダイエット効果も弱まってしまい、最悪ほとんど効果が感じられなくなってしまうのです。

ダイエットは健康的行うことが基本です、規則正しく適量な食事を心がけることがだ一番の近道なのです。

軽いものでもいいので運動を摂り入れる

リポクライセルの脂肪溶解効果によって脂肪が溶解されても、燃焼しきれない分の脂肪はまた体に戻ってしまいます。

せっかく溶かした脂肪がまた体についてしまう前に燃焼させてしまいたいですよね。

リポクライセルを飲んだ後に運動を摂り入れることで運動が軽いものであってもダイエット効果を高めることができます。

なぜならば、リポクライセルの代謝アップ効果によって運動によるエネルギーを消費する効率が高くなっているからです。

早く効果を感じたい人は積極的に運動を取り入れましょう。

>> リポクライセルの口コミと効果が流出!