【匿名】ヌークミルクローションの正しい使い方・効果的な使用方法

お家で簡単ムダ毛処理。

そんな除毛スプレーが「ヌーク ミルクローション」です。

販売累計数32000本を突破と多くの方に指示されています。

そんなヌーク ミルクローションですが、これまでムダ毛処理をしても大きな変化を実感できなかった方は、本当に効果があるのか、またどうしたら効果を高められるのか気になると思います。

そこで、ヌーク ミルクローションの効果的な使い方を検証していきます。

ヌーク ミルクローションの通常の使い方とは?

ヌーク ミルクローションはスプレータイプの除毛剤です。

シュッとスプレー、しばらく放置、シャワーで洗い流すだけという簡単は使い方です。

1・ムダ毛を処理したい部位に万遍なくスプレーを吹きかけます。

ムラがないようにスプレーしてください。

2・5~10分間放置をします。

3・時間が経ったら脱脂綿またはガーゼなどで肌に残ったスプレーとムダ毛を取り除きます。

その後に、シャワーで洗い流すか、濡らした脱脂綿またはガーゼなどでぬぐいます。

使用できる部位は、腕、背中、脚、脇、指、うなじなどです。

顔、Oライン、Iラインはデリケートな部位なため除毛剤で刺激を感じる心配があるため、使用することはできません。

スプレータイプなので手が届きにくい部位のムダ毛も処理できます。

ヌーク ミルクローションの効果的な使い方やアレンジとは?

肌を清潔にする

肌に汚れが残っていると、チオグリコール酸Caが汚れに反応をして毛への作用が低下をしてしまったり、汚れによって成分の毛への付着が妨げられてしまいます。

そのため、脱毛部位を清潔にしてから使用をします。

濡れたタオルで拭くかシャワーを浴びて清潔にしましょう。

均一に塗布する

急いでいたり、脱毛が面倒だなと感じているとき、スプレーがまだらについてしまいがちです。

均一に塗布しないとムダ毛処理を万遍なく行えないので、肌にムラなく塗布をします。

腕、脚、などは自分で見ることができるので万遍なく塗布しやすいのですが、背中は自分で見ることができないためムラになりやすいので気をつけましょう。

放置時間を長くする

放置時間は5~10分です。

5分の放置で満足できなかったら、少しずつ放置時間を長くしてみてください。

毛穴を広げる

ヌーク ミルクローションはマイクロミルク技術を採用することで、毛穴に浸透しやすくなっています。

しかし、あらかじめ毛穴を広げておいた方が、毛穴への浸透がよくなることが期待できます。

軽く入浴をして体を温め、毛穴を広げてから使うとよいでしょう。

入浴をしてからの除毛なら、肌を清潔に保つこともできます。

二度塗り

放置時間を長くするほどムダ毛の処理力が高まることが期待できます。

しかし、10分以上の放置はしないでください。

もし10分放置をしても満足できるような結果が得られなかったら、一度除毛剤を洗い流してから再度除毛をしてください。

放置時間を長くするよりも、何度か使用した方がきれいに除毛ができます。

アフターケアを行う

ヌーク ミルクローションには、美容成分のヒアルロン酸、大豆エキス、タイムエキス、モモ葉エキス、オウゴンエキス、ブクリョウエキスなどが配合されていますが、ムダ毛処理後にはケアが必要です。

ムダ毛処理後の肌は弱くなっているので保湿ケアをしてあげるのです。

保湿ケアをすることで、脱毛後の肌トラブルを予防できます。

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどは保湿作用がある成分です。

こういった成分が配合された保湿ローションやクリームで肌をケアしましょう。

ヌーク ミルクローションの効果をしっかり出すための注意点

パッチテストをする

ヌーク ミルクローションには、ムダ毛に作用するチオグリコール酸Caが配合されています。

この成分はタンパク質に作用する働きがあり、ムダ毛を分解します。

しかし肌もタンパク質でできているため、チオグリコール酸Caで肌荒れを起こしたり、肌に赤みやヒリヒリ感が出る可能性があります。

安全に使用するために、使用前にはパッチテストをします。

目立たない部位に少量塗布して、5分ほど放置したら洗い流し、24時間後の肌の状態を確認します。

赤みやヒリヒリ感などが出ていなければ使用ができます。

乾燥させる

脱毛部位は乾燥させます。

肌が塗れていると除毛クリームの成分の浸透が妨げられます。

シャワーで体を洗い流した後に使用する場合は、よく体を拭いてから使用をしましょう。

丁寧に拭き取る

スプレーを塗布して5~10分したら脱脂綿またはガーゼで拭き取るのですが、このときに強くこすらないようにしましょう。

除毛剤を使用した後の肌は、肌を保護しているバリア機能が低下をしています。

タンパク質に作用する薬剤で肌の力が低下しているのです。

肌が弱くなっているときに強くこすると、肌の力がますます低下をします。

そして、わずかな刺激にも敏感になってしまったり、肌が乾燥しやすい状態になります。

肌を守るためには、優しく拭き取ることがポイントです。

乾いた脱脂綿やガーゼで拭き取った後に、シャワーで洗い流すか濡らした脱脂綿またはガーゼで拭うので、最初にスプレーとムダ毛を拭くときには軽く拭き取るだけで十分です。

日を空けて使う

除毛後すぐに毛が生えてくることはまれですが、連続して使用をすると肌の負担になるので日を空けて使います。

最低でも1週間は感覚を空けましょう。

肌が敏感な方の場合は、もう少し間隔を空けてください。

変質したものは使わない

除毛スプレーには品質保持期限があります。

品質保持期限が過ぎたものを使用すると肌荒れを起こす心配があるので使用しないでください。

また、直射日光が当たる場所で保管していても品質が劣化するので、直射日光が当たらない涼しい場所で保管をします。

>> ヌークミルクローションの口コミと効果流出!