【匿名】キャンディスリムの飲み方とは?効果的なタイミングなど

運動苦手、仕事が忙しくてダイエットする時間が取れない、でも痩せたい!これが巷の女子達の本音だと思いますが、そんな時どうしてますか?

ハイテク化した現代では、苦労したり、つらい思いをしなくても、楽にダイエットでも美活でも進められる世の中へと移行してきているのです。

そんな楽チンコースを歩みたい方へおすすめなのが、ダイエットサプリです。

数あるダイエットサプリの中でも、現代っ子達の間で話題のキャンディスリムというダイエットサプリが、女子達の話題の的となっているので、これからキャンディスリムの効果的な飲み方についてレクチャーしていきますね。

キャンディスリムの通常の飲み方とは?

キャンディスリムの通常の飲み方は、他のサプリ同様に、飲み方は簡単です。

・毎日朝晩それぞれ1錠ずつ飲む

・水またはぬるま湯で飲む

・毎日継続して飲む事

どのダイエットサプリでもそうなのですが、しっかり体重減といった目に見える効果が得られて、減った体重がキープできるまでは、最低でも数ヶ月は様子を観て継続していく事が本物のダイエット効果を得られるコツです。

キャンディスリムの効果的な飲み方とは?

上記で紹介したように、普通のサプリメントだったら、皆さん同じ飲み方を繰り返しているかと思います。

それが実はビックリ!キャンディサプリには、飲み方に工夫を凝らすだけで、さらに高いダイエット効果が得られるといった攻略法があったのです。

これは凄く気になりますよね。

腸内環境を整える希少糖

どうしてキャンディスリムのダイエットサプリが巷で話題となっているか?というと、成分に食べれば食べる程痩せる効果があるという希少糖が配合されているからです。

普通の砂糖と違って、低カロリーで、食後の血糖値の上昇を緩やかにする作用や、食べた物が内臓脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きがあります。

1グラムで1万円もする高級成分が使われているので、ダイエット効果も凄いのです。

カプサイシンの燃焼パワー

カプサイシンとは唐辛子成分の事なのですが、この特殊なカプサイシンは、摂取すると脳へと働きかけてアドレナリンを分泌します。

大量のアドレナリンが分泌される事によって、蓄積されている脂肪をエネルギーへと変換して使用するようにと指令が出されるのです。

希少糖と特殊なカプサイシンのコンビネーションで、脂肪燃焼効果が通常の80倍にもなるのです。

便秘解消効果のある難消化性デキストリンを配合

難消化性デキストリンとは、トウモロコシのデンプンに含まれる水溶性食物繊維成分です。

最近では、ご飯もパンも精製した物を食べる事が多いので、どうしても穀物に含まれる食物繊維を摂取する機会が減っています。

それで便秘に悩まされて、溜まっていく便が老廃物として蓄積されてしまのです。

長期化する便秘を解消するために、難消化性デキストリン成分を配合して、整腸作用や内臓脂肪の蓄積をセーブしたり、脂肪と糖の吸収スピードを遅くしながら、ダイエットしていくといった原理なのです。

今まで市販の便秘薬に頼っていた人も、今後からはキャンディスリム一筋で、便秘対策もっ叶いそうですね。

脂肪燃焼作用L-カルニチンフマル酸塩

キャンディスリムには、脂肪燃焼効果のあるL-カルニチンフマル酸塩が配合されています。

L-カルニチンの働きとしては、脂肪を燃焼サイクルへと運びながら、脂肪分をエネルギーへと変換する事です。

他にもスタミナアップ効果や筋肉痛の緩和、疲労回復効果もあるので、運動した後に摂取すると筋肉痛の回復もスピーディーに行われます。

キャンディスリムの飲むタイミングって?

就寝前

就寝前にキャンディスリムを飲むメリットとしては、寝ている間には、日中に食べた物の消化活動に胃腸や肝臓など全身の器官が働き出すので、ダイエット効果のあるサプリメントを飲む事によって、さらに高い消化パワーが得られる点です。

食後

食後にキャンディスリムを飲むメリットとしては、食べた物をよりスピーディーに消化できる点です。

起床時といった空腹状態の時

起床時の空腹状態の時に、キャンディスリムを飲むと、日中仕事をしている時間帯に、朝食べた物や蓄積されている脂肪分をエネルギーとして消化しやすくなります。

スポーツ前

成分に、脂肪燃焼効果が通常の80倍になるという希少糖と特殊なカプサイシンが配合されているので、運動前に飲むと、いつも以上のカロリー消費効果が得られるようになります。

筋肉疲労や疲労回復作用のあるL-カルニチンフマル酸塩が配合されているので、運動後の筋肉疲労も軽減する事ができるでしょう。

運動後の筋肉疲労をスピーディーに回復する事によって、疲労感から来るドカ食いのリスクを防ぐ事ができます。

夕食前

キャンディスリムには、食べた物が脂肪として蓄積されるのを防ぐ難消化性デキストリンが配合されているので、夕食前に摂取する事によって、夜間に脂肪が蓄積される症状を防ぐ事ができます。

上記で紹介したように、飲み方に工夫を凝らす事によって、より高いダイエット効果が得られるようになるので、今回紹介した裏技を上手に活かしていきましょう。

キャンディスリムの飲み方には無関係?効果を高める方法とは?

飲み方に関係なく、キャンディスリムのダイエット効果を高める方法をこれから下記に紹介していきますね。

他のダイエットサプリとの併用を避ける事

どのダイエットサプリも、ダイエット効果が高いはずだから、併用すれば、さらに高いダイエット効果が得られるだろう!といった思い込みによって、キャンディスリムと他のダイエットサプリとを併用して摂取する事はやめましょう!

サプリの成分で、飲み合わせや効き目などがそれぞれバラバラなので、もしもキャンディスリムの成分と相性の悪い成分が配合されているサプリを摂取してしまうと、せっかくのキャンディスリムの効き目が軽減されてしまいます。

飲み合わせの悪い成分の摂取によって、副作用が生じるリスクもあるので注意しましょう。

サプリメント系の資格って、医師や薬剤師の資格みたいに覚える事がいっぱいで非常に難しいので、専門知識のない個人の判断で複数のサプリメントをミックスする事は危険だからやめましょうね。

もしも今現在服用している薬があって、キャンディスリムとの飲み合わせが心配な場合には、医師に相談して下さい。

リバウンドのリスクを防ぐために大切な事

ダイエットで一番心配なのが、リバウンドです。

せっかくキャンディスリムを飲み続けていて、数キロ痩せる事ができたとしても、いきなり飲むのをやめた途端にまた体重が元に戻ってしまった!もしくは元の体重以上に太ってしまったなんて結果になったら大変ですね。

そんなリバウンドのリスクを避けるためにおすすめの方法としては、そろそろ体重が減ってきたから、キャンディスリムを飲むのをやめようかな?と思ったら、少しずつ飲む量を減らして体を慣れさせていく事です。

例えば、毎日2錠飲んでいたとしたら、1錠に減らしてみる→数日おきに1錠飲むようにする→週に1日だけ1錠飲む→完全に飲むのをやめるといった方法を取っていきましょう。

これだったら、体も少しずつ慣らしていけるので、安心ですね。

キャンディスリムは、ダイエット効果が高い分、飲むのをいきなりやめると、体もびっくりして、脂肪を蓄えなくちゃと思い込んでしまうと悪いから、じょじょに慣らしていく方法を取って下さい。

>>キャンディスリムの口コミと効果を暴露!